您的位置 首页 日语高考作文

日语高考日语作文


关于日语高考日语作文最佳答案


日语高考日语作文


1.书面正式 各个地方会有不同


关于日语高考日语作文相关答案


2.会社に勤める前に自分で古い初级《标准日本语》を勉强しっていた。会社に勤めた后でみんなと一绪に《みんなの日本语》を勉强しっていた。そんな时、简単な文章が分かるのは大丈夫だ。ところが、话すのが上手じゃなかった、闻くのが全然分からなかった。それで、今年の九月から日本语学校で日本语の先生に日本语を周に二回教わっている。今、话すことや闻くことなどがだんだん上达しっていると思っている。日本语を勉强し始めるから今まで、初级《标准日本语》と《みんなの日本语》をだけ読んでいる。希望:あの人と交流するために人类は言语を勉强しているが、私の希望は日本语の能力がどんどん上达して、あの人とぺらぺら交流できる。はい、以上です。どうもありがとうございます。 文化という言叶は、芸术や学问など人间が生み出した高い达成度を持つもの(ハイカルチャー)を指すとともに、人间の社会が长年にわたって形成してきた惯习や振舞いの体系を指す。后者の意味では衣、食、住などの日常生活全般に関わる惯习や、芸能、道徳、宗教から政治、経済といった社会构造まで、その范畴は非常に幅広い。日本の文化も単纯にひとくくりにできるものではなく様々な要素を含んでおり、また他国からの影响も受けながら、时代とともに変迁してきている。 日本には古くから「神道」という习俗化した宗教文化がある。原始宗教の名残を强く残し、冲縄の信仰と极めて近い。いっぽう日本は、远くインドを起源とする「仏教」を大陆から受け入れて、独自の仏教文化を定着させてきた。さまざまな伝统や惯习のうちには仏教の教义を起源とするものも多く见られ、神道と相互に影响しあいながら日本の信仰を形作ってきた。他の东アジア诸国と同様に儒教も受容しているが、その影响は韩国や中国ほどではない。 日本は永らく神道と仏教とを神仏习合(神仏混淆)という形で共存させてきたが、近代になって明治新政府によって再分离され、神道は国家神道とされて军国主义と一体となり国家覇権の手段ともなった。 仏教と神道の他に日本に影响を及ぼした信仰に、儒教がある(ただし儒教は宗教ではないとする见解が多い)。儒学を直接受容したのは、主に武士や汉学をおさめた町人にとどまるものの、间接的な形で日本の庶民にも影响を及ぼしている。明治维新によって武家の学问としての朱子学は立场を失ったが、元田永孚ら宫中の保守的な汉学者の影响によって儒教の忠孝思想が教育勅语などに取り入れられた。ヒンドゥー教自体は日本に伝わってはいないが、仏教に多大な影响を与えているので、日本の仏教や神道においてヒンドゥー教由来の神々が存在する。 日本文化を特徴的に示す概念として、「和(わ)」という言叶がしばしば用いられる(例:和语、和文、和歌、和服、和食、和风旅馆など)。「和」は古くから日本を示す言叶で、汉(中国)や洋(西欧)など外国からの事物に対比して使われる。また「大和(やまと)」という言叶が使われる场合もある(例:大和言叶、大和魂、大和抚子、大和絵など)。「大和」は本来、奈良地方を指すが、同时に日本全体を示す古い言叶でもある(この场合、古くは「倭」とも书いた)。古代からこの国において不変と考えられる事象を示して呼ぶことが多い。 伝统芸能や伝统のスポーツ、あるいは日常生活におけるお辞仪?礼仪作法?食事作法などにおいて、広范に见られる特徴として「型(形)」の尊重という点が挙げられ、日本の美点ともされてきた。これらには儒教道徳の影响や、人と冲突するのを避け和を尊ぶという心性から、无言の内に相手への敬意?配虑の念が込められていることも多い。近年では生活様式の欧米化により「エチケット」や「マナー」などに置き换えられ、これらの日本の伝统的な规范意识の形骸化を忧虑する声もある。 日本の文化は、古代から中世にいたっては中国を中心としたアジアの近隣诸国、そして明治以降の近~现代では欧米からの影响を受け、吸収?取舍选択を缲り返し、様々な手が加えられて独特な展开を遂げている。日本の伝统文化といっても、决して固定したものでなく、时代とともに変迁してきたものである。また、表面的に大きく変化していても、その中に一贯する极めて日本的な要素や倾向を指摘できる面もある(例:住居が和风の座敷から洋间に変わっても、室内に靴を脱いで上がる点では変わらない)。


了解更多日语高考日语作文类似问题


15年高考日语作文
日语高考作文常见题目
高考日语作文考点
16年高考日语作文自由
2020日语高考作文

热门文章

发表评论

邮箱地址不会被公开。 必填项已用*标注